健康経営に最適!

健康経営とは?

健康経営とは、従業員の健康の維持・増進を会社として推し進め、生産性の向上を目指す経営方法のことです。
1992年に出版された「The Healthy Company」の著者であるロバート・H・ローゼンが提唱したのが始まりとされています。

将来的な労働人口の減少を見越した人的生産性の向上が企業の重要な課題となっている昨今、企業の従業員への健康配慮の必要性が高まりをみせています。
具体的には、メンタル面、フィジカル面の双方の状態を改善する取組を全社的に行い、従業員の健康増進を図ることで企業の生産性の向上につなげることを主な目的としています。

従業員の健康増進の方法は、食生活の改善や運動の促進、飲酒習慣の見直し、喫煙、メンタルなど従業員自身に個別に指導したり、労働時間や業務空間など企業の労働環境に対してアプローチする方法があります。

アメリカでの健康経営

アメリカには公的医療保険がないので、1990年代から高騰する従業員の医療費位負担が経営自体を揺るがす事態になってきたことにより、健康経営というものが注目されてきた。
自社の従業員が健康で精神的な不安がなければ、医療負担を減らすことができる上に業績が向上することから、従業員が健康に暮らせるように投資することが結果的に企業として良い方向に向かうと数字の上でも実証されています。

日本での健康経営

日本では、デフレで企業のコスト削減により、長時間労働などの労働環境の悪化が引き金となり自殺や労働災害の経済的リスクが大きくなってきました。
これに加えて、健康保険組合の赤字が大きくなってきており、赤字補填のために企業の負担も増えてきていることから医療費削減をすることも目的の一つとなっています。

日本政府としても、「国民の健康寿命の延伸」を日本再興戦略に位置づけていることから、これからますます健康経営に注目が集まってくることでしょう。

また、近年では医療費のデータベースを活用して疾病の原因を究明する取組も行われています。

短期的な効果としては、疾病の従業員の長期休業の予防、企業の医療費負担の軽減、企業のイメージアップが認められ、一方長期的には企業の退職者に対する高齢者医療費負担の軽減、従業員の健康寿命の長期化が見込めると考えられています。

今後の健康経営

労働力として期待される65歳未満の人口は、今後大幅に減少すると予想されています。
その一方で、企業が負担を強いられる、高齢者の医療費は増加が見込まれます。

健康経営を導入して健康な従業員を数多く維持できれば、企業は労働力を確保して生産性を向上させ、医療費を削減できる可能性が広がります。

今後は企業でのメンタルチェックも義務化され、更に企業の従業員に対する健康配慮が必要になってきます。

今は健康であっても、ゆくゆくは生活習慣病になってしまうであろう予備軍を、早く見つけて生活習慣を改善することにより健康である期間を伸ばすように企業側から積極的に働きかけていく必要性が今まで以上に必要になってくるのです。

関連記事