生活習慣超音波診断の導入メリット

~健康管理を変える新評価~

個人を魅了する

生活習慣超音波診断は以下のようなツールになりえます。

・ コミュニケーションツール
・ アドバイスツール
・ 退会防止ツール

具体的に説明していきます。

 見える化

ほとんどの人は自分の皮下脂肪や内臓脂肪、そして筋肉の付き方を見たことがありません。
それを映像化して見せることにより、これまでにない衝撃を受けるでしょう。

この「見える化」した映像を元にコミュニケーションが生まれます。

 数値化とレベル化

8割以上の人は自分がどれだけ食べ過ぎているのか、運動不足なのかを正確に把握していません。

そこを客観的に指摘してあげることにより、自分の中の健康意識が高まり、指導に気持ちがコミットしやすくなるでしょう。

 

 納得化

 画像の状態と数値の意味を総合的に説明してあげましょう。

ほとんどの人は何故改善が必要なのかを  しっかり納得して真剣に取り組むようになるでしょう。

 持続化

複数回の測定により、ダイエット目標達成までの期間を算出できます。

指導者と個人の意識を共有することができ、結果を導き出すための持続意識を生む事ができるでしょう。

集団を魅了する

法人に対する生活習慣検診の導入への足がかりにぴったり

・ 会員獲得
・ イベントツール
・ 法人契約ツール

  集計

その集団に所属する人達の何割に  生活習慣を改善しなければならない人がいるかを教えてあげましょう。

健康診断では「問題なし」の方達の中に含まれる生活習慣不良の割合の多さに、きっと驚かれると思います。

集計

 重症度

 生活習慣不良の人達のうち、  どのような重症度割合で分布しているかを教えてあげましょう。

不健全度合いを見える化することで、自分がどこに属しているか明確にすることができます。

 隠れ肥満比率

見た目は太ってはいなくても、隠れ肥満の割合を教えてあげましょう。

例えば、こちらの会社の場合、BMI25以下の人数100人のうち、内臓脂肪が多い方の割合は44%のいわゆる隠れ肥満です。

隠れ肥満度

 

 勘違い度

自分では気をつけているつもりでも、間違った認識をしている人がどれだけいるかを教えてあげましょう。

こちらの会社では食事に気をつけている方の半数以上が内蔵脂肪が多い状態でした。

 

内臓脂肪が多い

 比較

 他の会社や業種間で比較し、自社の健康管理状態を教えてあげましょう。

他社の健康状態と比較することで、より従業員の健康状態がどのようなものかを判断する材料になります。

他社との比較

 改善度

 自分達の介入によって、どれだけ改善したかを教えてあげましょう。

食事に気をつけるべきなのか、運動するべきなのか、見える化することでより効率的に体質の改善が可能です。
実際に改善前と改善後を比較すると大きな差が生まれてきます。

改善比較

健康サービスの義務的導入が可能に

不健康組の顕在化により顧客獲得へ

すなわち、生活習慣超音波診断により “不健康組”が顕在化され 健康サービスの価値と必要性を感じる人達の範囲が拡大する。

 

関連記事